初めに、ブログ内の好評な記事を中心に紹介します!
これを読めば「とものブログ」が少しはわかるはず・・・→
●「激選とものブログ」●
これを読んでモチベーションが上がった人もいるようです 嬉しいです☆

★とものブログ(メイン)★ 〜ちゃんと頑張りたい〜

★大学生の とも が日記を書いています。
★ブログの目的★ → 自分 (だけでなく,出来れば読者も) のやる気UP・モチベーション維持
★勉強法★ → 1秒でもいいから毎日続けよう。薄く・広く・何回も。

↓詳しいことはこちら↓
「とものブログって?」
<< そもそも合格に何が必要か? | TOP | 夢実現ブログの作り方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| - | - | - | pookmark
そもそも合格に何が必要かVer.2
Ver.2を書いてみた。
どっちがいいですかね?

〜〜〜〜〜〜〜

そもそも、
合格するのに必要なものは、
何なのだろうか?



行きたい大学に入学したい。
↑何が必要か?


行きたい大学に入学したい

その大学の入学試験+センターなどで、合格点をとること

点がとれるようになること

いろいろ覚えていくこと



というわけで、
何かを覚えていく
というのは
避けられないことであり、必要なこと。

そして
「点がとれるようになる」
ような勉強をする。
これを意識する。
というのが、意外と忘れがちだけど、大切なこと。



点がとれるようになるために、いろいろ覚えていくことが必要だと言ったけど、

「点がとれる」
=「覚えた量」×「覚えた質」
であり、

「量や質」を大きくするためには、ある程度「勉強量」が必要になってくる。

「勉強量」
=「勉強時間」×「回数・頻度」
だと思うけど、
「勉強時間」も「回数・頻度」も、どちらを稼ぐにしても、

「継続」

は絶対にかかせない。



夏休みに、
毎日10時間勉強する!!
って宣言して、

3、4日はまあ平均10時間勉強する
→もう7月中には勉強しない日が出てくる
→8月、思ったより遊んでしまう
→9月、後悔

なんてことになっては、
勉強量は稼げない

点がとれるようにならない

合格しな…する確率が下がる



継続は力なり



というけど、
この言葉ほど受験に大切な言葉はないかも知れない。



継続は、力 なんだ。



だから、
「これからは毎日勉強しよう」
いや、これは誰でも言えるし、誰だってそうすりゃいいのはわかっている。



そうじゃなくて、
勉強の質や量を、たとえ落としてでも、継続しよう、毎日やる、ということにこだわる事が良いはずだ。



何がなんでも毎日やる。



本当に勉強がやりたくないときは、全科目の本をそれぞれ、何でもいいから、開く。

1秒だけ見るだけでもいい。

1日1秒の勉強でもいい。

とにかく「今日もやった」。「継続が途切れてない」と常に思うことができている。というのが大切。

「継続が途切れていない」

と思うだけで、たとえ「1日1秒の勉強」がたまにあったとしても、なんだか自信が湧いてくるものだ。

やりたくない日は必ず来る。

でもこの、1日1秒勉強だけでもやっておくと、長い目で見てすごい勉強量をたたき出せるはずだ。

だって継続しているんだから。



合格するには、「継続」が必要不可欠。

「1日くらいいいか」と思いやらなかった瞬間に継続は終了。

「毎日やる」ということにこだわってみて欲しい。

嫌な日は1秒でもやる。とにかく毎日やる。継続を途切れさせない。

継続して、力をつけよう。
拍手する
21:15 | ひとりごと 考え事 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
拍手する
21:15 | - | - | - | pookmark
コメント
継続って、とても大切な事なんですねo(^-^)o

毎日少しずつでも続けられる様に頑張ります(*^∇^*)
2011/04/20 10:13 PM by 麻里江
そうやなぁ。
何かの勉強が嫌になりそうなとき、続行したがために、それ以降勉強を継続できないなら、嫌になる前にその勉強は一端やめたほうがいい。
という感じ。

がんばってo(^^)o
2011/04/20 11:13 PM by とも
管理者の承認待ちコメントです。
2011/12/19 10:45 AM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tomo141.jugem.jp/trackback/658
トラックバック

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--